育猫 9月6日

大変だ!

授乳に1回の授乳に一時間以上も掛かっている!

モモ、授乳中

哺乳器の使い方が悪いのか、とても時間が掛かってる。

ミルクの量もほとんど減っていない。

このままだと、ミルクが飲めないまま衰弱してしまうのではないかと、一同焦り始める。

上手い飲ませ方が無いかと、直ぐにグーグル先生に質問してみる。

ほうほう、哺乳器の乳首部分に少し切れ込みを入れて、ミルクの出をよくする方法を発見。これはいいかも知れない。

ん?続きがある、

『ただし…、ミルクが出過ぎて子猫が窒息する可能性があるので気をつけてね☆』

駄目じゃん(;´Д`)

地道に、我が道マイロードを探している。

先ず、現状把握。飲み方を観察。

口いっぱいに乳首部分を含んでいる。ここを替えてみよう。

口元からゆっくりと、哺乳器を遠ざけてみる。つまり、猫さんは乳首部分の先端辺りを吸う格好だ。

すると、喉をゴロゴロゴロと鳴らし始めた。どうやらミルクが飲み易くなったようで、お腹が満たされつつあるのだろう。

猫さんはご満足のようだ。一安心。

事務所を通して!

撮影は事務所を通してからにしてくださいっ!!

幼猫は常にエネルギーを求めているらしく、1日5~6回は授乳させなければいけないそうだ。

つまるところ、今のところ、

授乳1回1時間×5、6回=1日5、6時間 要するということ。

今日は溜め息何回するのかな。

満足じゃ

余は満足にゃ

体重は約250g程度。一日で20g増加。猫すげえ!