マクドナルドの株主優待券で500円以上もお得に!!使い方を徹底解説

ダブルクォーターパウンダーチーズとポテトLとドリンクL
マクドナルドの優待券は、好みのハンバーガー、ポテトなどのサイドメニューやドリンクを選んで交換できる素敵な優待券です。

ここではみんな大好きマクドナルドの株主優待券の使い方をお伝えします。

諸君らの愛したクォーターパウンダーチーズは販売終了となった、何故だ!(29年4月4日で終わりです)
スポンサーリンク

マクドナルドの株主優待券について

北のいいとこ牛っとバーガー

北のいいとこ牛っとバーガー マッシュポテトが寂しい

マクドナルドの株主優待券とは?

マクドナルドの株主優待券は、6月と12月の権利確定日に株式を100株以上保有していれば受け取ることが出来ます。その後、9月・3月末頃に優待券が郵送されてきます。つまり、年2回も優待券がいただけるわけです。

なお、様々な不祥事が発覚しているマックですが、株価(2702)は浮沈艦の様相を呈しています。恐るべし優待パワー。優待制度が廃止されない限り、このまま株価が維持されてしまいそうな勢いです。

さらには期間限定メニューや「チキチー」・「エグチ」といったお手ごろマック、ポケモンGOとの提携により、業績は緩やかに回復傾向にあり一安心です。

株主以外の入手方法は?

株主になる以外にも、オークションサイトのヤフオクや楽天オークションで落札、金券ショップで購入することが出来ます。大体、1冊(6枚セット)が3,000~3,500円程度です。

株主優待券の有効期間

マックの株主優待券の有効期間は、半年間です。

例えば、3月下旬に送られてくる優待券は、4月1日~9月30日までの半年間使えます。2016年の上半期分は3月31日に送られてきました!

9月下旬に送られてくる場合は、10月1日~翌年3月31日まで使用できます。

マックの株主優待券の使い方

マックの株主優待券

選べるメニューは?

マックの優待券は、「サンドイッチ券」・「サイドメニュー券」・「ドリンク券」の計3種類が1枚のシートと成ります。3種類はそれぞれミシン線が入っており、切り離すことでハンバーガー単品やドリンク単品だけの優待券の利用も出来ます。

それぞれの券で注文できるものは、バリューセットで頼めるものです。

サンドイッチ券で引き換えられるもの

サンドイッチ券は、ほとんどのハンバーガーに交換が可能で、期間限定バーガー(ロコモコバーガーとか月見バーガー、てりたまなど)も注文が出来ます(一部例外あり)。詳細は注文時に確認するといいでしょう。

サイドメニュー券で引き換えられるもの

サイドメニュー券は、マックフライポテト・サイドサラダ・チキンマックナゲット・シャカチキ・ハッシュポテト(朝マック時間帯)のいずれかを選べます。ポテトのサイズはS/M/Lのどれでも頼めます。

チキンマックナゲットの15ピースはバリューセットには含まれていないので、サイドメニュー券では交換できません。

ドリンク券で引き換えられるもの

ドリンク券は、名の通りドリンク類に交換できます。爽健美茶・ミニッツメイド・野菜生活100・コーラといったソフトドリンク、プレミアムローストコーヒー・カフェモカ・キャラメルラテなどのコーヒー類、2014年からはシェイクも注文できるようになりました。S/M/Lサイズどれも注文できますが、コーヒー類はS/Mのどちらかです。

注文方法

先ず、注文するときに、「優待券を使います」と一言添えて優待券を差し出すと、スムースに注文が出来ます。ハンバーガーだけ欲しいのであれば、ハンバーガーの券一枚だけを渡せばOKです。

慣れている店員さんだと、優待券を渡すだけで「ハンバーガーはどれにしますか?」「ドリンクはどちらになさいますか?」と促してくれるので、初めて優待券を使う人もあまりドキドキせず、キョドらず注文を出せます。

よく訓練された店員さんが対応してくれる場合、優待券の対象外である他のサイドメニューを薦めてくることがありますが、必要の無い場合は勇気を奮って断ることも肝要です。優柔不断な私は、圧されて違うものも頼んだりすることもあったり・・・。

謎のライスコロッケを200円で買った時は後悔しました。

優待券を使わないものと一緒に注文する時は?

優待券を使って注文するものと一緒に、優待券を使わずにメニューを注文する場合は、その前に一言「単品で~」と付け加えると、店員さんも迷わずにオーダーが通せます。

「優待券で、ビッグマック・ポテトL・キャラメルラテMのアイス、それから単品でほっとアップルパイを1つください」といった感じです。

おすすめのメニュー

折角の株主優待券なので、一番高いメニューから選ぶと、醍醐味を味わえます。注文できる商品は数多く、公式サイトのメニューの大半が注文できます(公式サイトのメニュー一覧)。多くの方が選ばれるのは次のメニューです。

皆が選ぶマック定番メニュー(一番お得なセットメニュー、29年4月4日まで)

  • ダブルクウォーターパウンダーチーズ(520円)
  • ポテトL(320円)
  • ドリンクL(ミニッツメイド・オレンジだと270円)/アイスキャラメルラテなど(290円)

以上の3品を一緒に頼んでいます。合計金額は1,100円ほど。マクドナルドは地域によって販売価格が違いますので、大体の金額です。

つまり、1,100円-500円(優待券1枚のオークション相場)=600円、ということで、優待券を活用することで最大600円ほどお得になります。

2番目にオススメのメニュー

  • ダブルクウォーターパウンダーチーズ(520円)
  • サイドサラダ(280円)
  • ドリンクL(ミニッツメイド・オレンジだと270円)

ダブルクォーターパウンダーチーズは、カロリーが828kcalもあるので、そこにポテトのLサイズ(571kcal)は少々堪えるかもしれません。合計で約1400kcal、完全にハートブレイカーです。そんな時はポテトではなく、サイドサラダ(10kcal)にするとバランスが取れます。

サイドサラダ
こんな感じでサイドサラダが胃を癒してくれる、気がします。ドレッシングはローカロリーのたまねぎドレッシング(6kcal)にしましょう。ゴマドレッシング(107kcal)は濃いかもしれないです。

期間限定メニューに使うのもおすすめ

マックチョコポテト
マックの優待券は期間限定メニューに使うこともできるので、ちょっとお金を出すのに抵抗があるメニューに思い切って使う手もあります。大々的にキャンペーンが行われた名前募集バーガー・名無しバーガーや2016年の第一弾色物メニューの「マックチョコポテト」がサイドメニュー優待券で交換できました。チョコポテトのお味は・・・ご想像におまかせします。

話題のグランドビックマックは優待券の引き換え対象ですが、ギガビックマックは対象外です

※グランド ビッグマック、グランドフライ、グランドコークは株主優待券のお引換え対象です。
※ギガ ビッグマックは数量限定販売のため、株主優待券のお引換え対象外とさせていただいております。

マクドナルド株主優待・配当金ページより

キャンペーン商品と優待券の関係については次のように整理できます。

  • 期間限定商品は優待券が使える:グランドビッグマックは期間限定だから使えた
  • 数量限定商品は優待券が使えない:ギガビッグマックは数量限定だから不可

優待券を使うにはもったいないメニュー

一番安いメニューである100円の「チキンクリスプ」や「ハンバーガー」にサンドイッチ券を使うのは勿体無いです。せめて、エグチ、フィレオフィッシュ、てりやきマックバーガーなどにすると良いと思います。

その他の優待券が使えるお店

今回はマックの株主優待券をご紹介しましたが、マック以外でも株主優待券で食事が楽しめるところが沢山あります。下記記事で扱っていますので、ぜひどうぞ!

参考:吉野家の株主優待券を徹底解説!ジェフグルメカードとTカードでさらに充実

まとめ

株価はちょっと怖いですが、優待を使って気楽に高いものを頼めるマックの優待生活は楽しいものです。年をとったら多分食べられなくなるであろうDQPC(ダブルクォーターパウンダーチーズ)を、皆さんもご賞味あれ(29年4月4日までですが)!!