サカタのタネ(1377)の株主優待:園芸好きな人やそうでない人も嬉しい内容です

株式会社サカタのタネの株主優待を紹介します。27年度優待から優待内容が変更になり、多くの人に喜ばれる優待に生まれ変わりました。所有株数に応じたお好みの商品が1品いただけます。8月下旬に案内が送付されるので、1品チョイスして返信はがきを送りましょう。

スポンサーリンク

優待内容

サカタのタネ優待その1

権利月
5月
必要単元数
100株~
上場市場
東証一部
★優待内容
100株以上 :Aコース
300株以上 :Bコース
1,000株以上 :Cコース
★優待内容
所有株式数に応じて選べる商品群が異なり、各コースの中から一つお好きな商品がいただけます。もちろん、1,000株以上保有時のCコースが豪華な商品です。下記がその一例です。
サカタのタネ優待その2
サカタのタネ優待その3

上の株主優待の商品カタログから、貰いたい物を選んで専用ハガキで申し込みます。カタログと申し込み専用ハガキは8月下旬に届きました。

商品の申込期限が設けられており、例年だと10月15日までに必着となっています。

優待品の到着時期は?

チューリップの球根を毎年お願いしています。8月末にハガキを返送して、10月下旬にゆうパックで送られてきています。

事業内容

種子・苗木・球根・農園芸用品の卸売最大手。アンデスメロン等の自社開発品もあります。海外にも拡大中。

事業見通し

国内では成長が鈍いですが、中国やインドを中心に海外展開に力を入れており、物流拡大のため加工施設と倉庫を新設しています。TPP銘柄とも言われていますが、今後どのようになるのでしょうか。少し気になります。

投資指標について

株価:1,873円、配当利回り:1.23%、優待利回り:1%程度(Aコースのチューリップ球根50球:約2,000円相当)(平成27年8月26日時点)

配当利回りと優待利回りを併せても3%に達していませんが、数少ない園芸銘柄ですから、庭いじりがお好きな方にはおすすめです。うちの場合、家族の要望により長期保有しています。

過去1年の株価の推移は以下の通り。

27年8月の投稿から株価は大きく伸びています。イギリスがゴタゴタしていた頃は一時的に落ち込みましたが、28年10月には再度3,000円台にタッチしています。

財務が良く、成長の見込みがある、その二つを満たす大手企業は安心して保有できます。
1377

財務指標について

自己資本比率は80%超で安定しており、財務は健全なようです。

感想

26年までの優待は花のギフト券と有料会報誌でしたが、27年から選べる優待に変更され、使い勝手が向上しました。

私は27年、28年とチューリップの球根50球(サカタのタネオンラインショップで2,000円相当)を選びましたが、園芸用品以外としてお米(つや姫1.5kg)もあり、幅広い層に受け入れられる内容です。利回りなどはやや見劣りしますが、大手の安心感(自己資本比率が高い等)から長期保有にぴったりの銘柄です。