2016年年賀状の無料イラスト・テンプレートサイトまとめ

年賀状シーズンの幕開けです。郵便局では年賀はがきの販売が始まり、我が家にも営業目標が課せられた職員さんが多く訪れています。申し訳なさそうな職員さんの顔色を伺うたびに「あぁ、今年も終わりなんだな」と一年の終わりをひしひしと感じます。

郵便局員さんの顔色と同じく、憂鬱な気分に浸ってしまうのが年賀状つくりです。毎年変わる干支に合わせて、デザインを考えたり、自分で印刷するのか業者に頼むのか、自分で印刷するのであればプリンターはどうするか、とこの時期迷ってしまいます。

そんな毎年の厄介事を少しでも軽減させるべく、いつも使っているサイト、サービスをまとめました。

基本全部無料です。

スポンサーリンク

年賀状作成ソフト

はがきデザインキット

今となっては超有名なはがき作成ソフトです。郵便局が提供しています。

直感的な操作で、誰でも簡単に年賀状が作れます。裏面のデザインは毎年アップデートする毎に更新され、いつ見ても素敵な素材が揃っています。裏面だけならこれ一本で問題無しです。

宛名管理は若干慣れが必要かもしれません。私は、宛名だけは昔から使っている筆まめで管理しています。また、2014年11月現在、宛名面の文字フォントが2種類しかない点がとても気になります。以前はもっと種類があったと思うのですが。裏面と同じように多くのフォントが使えればいいのに、残念です。それと、個人の好みの問題ですが、その2種類のフォント自体があまり好きではありません。

Windows、Mac、スマホに対応。

詳細は、はがきデザインキット公式ページ

プリントマジック

こちらも無料のソフトです。株式会社アルファブレンドさんが作っています。
シンプルながらも必要な機能は装備されており、宛名面の作成・管理においては十分に役割を果たせます。
OSはWindows、Mac、Linuxと幅広く対応。スマホでも動作対応しています。

詳細は、プリントマジック公式ページhttp://www.print-magic.net/

おうちで年賀状屋さん

㈱がくげいさんが運営しています。Yahoo!きっずへコンテンツの提供も行っている会社です。
Webアプリケーションで年賀状を作成する形です。サポートブログもあるので、ブログで操作方法を確認しながら年賀状が作れます。パソコンを利用した、こども向け学習関係出版社なので、お子さんの年賀状作りにぴったりだと思います。

Windows、Macに対応。

おうちで年賀状屋さん

年賀状用イラスト・テンプレート

印刷してそのまま使えるテンプレートや、デザインの一つとして利用するイラストや素材をご紹介。

年賀状作成おたすけサイト

インクジェットプリンタ ピクサスでおなじみの、キヤノンが運営しているサイトです。
フォーマル・カジュアルな年賀状など、場面ごとに使い分けが出来るよう、テンプレートやイラストが用意されています。
写真を使って作成するタイプのテンプレートもあり、プリンタを活かせる素材がいっぱいあります。

素材の提供だけでなく、それの使い方を説明してくれるページがあり、ここを見るだけでも年賀状作りは効率良く進みます。

年賀状作成おたすけサイト

年賀状特集

インクジェットプリンタ カラリオで有名なエプソンが運営しています。
キヤノンと同じように場面場面で使えるテンプレートが用意されていますが、2014年現在はPDFでの素材提供のようです。
サイトには年賀状作成のWEBアプリケーションが用意されていますが、別途会員登録が必要です。

年賀状特集

ブラザー年賀状プレミアムコンテンツ

複合機でよく知られているプリビオのメーカー、ブラザーが運営しています。
このサイトでしか手に入らない素材を提供しています。2014年は『妖怪ウォッチ』、ご当地キャラ、『ひつじのジョーン』の素材が準備されています。お子さんのいる家庭にはうってつけでしょう。

素材のダウンロードには会員登録が必要です。

ブラザー年賀状プレミアムコンテンツ

年賀状プリント決定版

TB株式会社が運営しています。
フォーマル・カジュアルなど用途に合わせたテンプレートが用意されています。
ダウンロードには会員登録が必要です。

年賀状プリント決定版

年賀状AC

ACワークス株式会社がサイト運営会社です。
ロイヤリティーフリーの年賀状素材が沢山揃っています。商用OK。
ダウンロードの際には会員登録をしてください。

年賀状AC

Paper Museum

オフィスサプライ製造販売のサンワサプライ株式会社が運営。
数は少ないですが、汎用性のあるテンプレートが揃っています。
簡単にダウンロードできるのもいいですね。

Paper Museum