偽物通販サイトにご注意!見分け方と対策について

どこでもいつでも利用できるインターネット通販ですが、最近では本物に似せた悪質なサイトが乱立しています。楽天市場のようなショッピングモールに出店している店舗に装ったりするなど、その手口は巧妙になりつつあり、注意を怠ると大きな被害を受ける可能性があります。

万が一、偽物通販サイトを誤って利用した場合、どういった被害が想定されるかを考えていきます。

スポンサーリンク

偽物通販サイトとは

ここでいう「偽物通販サイト」とは読んで字の如く、正規品ではなく偽物を売りつける、又は金銭を騙し取ることが目的のサイトのことを指します。

一度被害に遭ってしまうと、解決は難しいため、未然に対策をとることが重要となります。

想定される被害

ニセモノを掲載しているサイトは、検索すれば簡単に見つかります。有名ブランド品を激安で販売するとしているサイトがその例です。「コーチ 激安」、「クロエ バッグ 激安」などの検索ワードを使うと出てきます。

近頃は「トリーバーチ 激安」が個人的に気になりました。怪しいサイトが検索結果に満載です。

偽物通販サイトを間違って使ってしまった場合、次のような被害が生じるおそれがあります。

  • 個人情報{氏名・住所・クレジットカード番号や暗証番号(クレジットカードを使った場合)}の流出
  • 偽物の商品が到着
  • 注文した商品とは別の物が到着
  • 何も届かない(お金は払い込んだまま、返ってこない)などなど

どれも手痛いものばかりです。個人情報の流出は、後々どのような扱われ方をされるか分かりません。流出後はどうすることも出来ません。

特に、偽サイトに登録したIDやパスワードを他のサイトでも使っていたとすると、不正ログインに使われる場合があります。そうなってしまうと、同じID・パスワードで登録しているサイトは変更を余儀なくされます。

このような目に合わない為にも、偽物サイトか否か区別するための知識が必要となります。

偽物サイトの見分け方

偽物サイトの見分け方はいくつかあります。

特定商取引法に基づく表記を確認

特定商取引法により、通販事業を行う上で必ず「特定商取引法に基づく表記」をしなければいけません。
販売事業者名、所在地、電話番号を確認しましょう。
偽物サイト一例

上記の画像は、「アディダス 激安」でグーグル検索で上位表示された偽物サイトのものです。

販売責任者は日本人らしき名前でしたが、会社の住所、電話番号およびメールアドレスがありません。また、どのページにも全く記載がありませんでした。よって、この時点で偽物サイトであり、詐欺サイトが確定したといっていいでしょう。

これは分かり易い例ですが、「特定商取引法に基づく表記」又は「会社概要」を最初に確認することで、すぐに詐欺サイト・偽サイトかどうかが峻別できる場合あります。

注目して欲しいところは、電話番号です。今まで見てきた悪質なサイトは電話番号を載せていませんでした。ここ、要チェックです。

メールアドレスを確認

メールアドレスが表記されていたとしても、まだ油断してはいけません。通販業者がフリーメールを使っている場合、詐欺サイトの可能性が非常に高いです。

フリーメールは本人確認を必要とせず、簡単に複数所持ができるので、詐欺やイタズラなどでよく使われます。
フリーメールの一例は以下の通り。

  • Yahoo!メール:@yahoo.co.jp
  • Gmail:@gmail.com
  • Outlook.com:@outlook.jp、@outlook.com、@hotmail.co.jp、@live.jp

フリーメールが使われている場合、偽物サイトの可能性は高いです。

支払い方法を確認

支払い方法を調べましょう。銀行振り込みで代金を支払うときの口座名義人と販売事業者名が違う場合は詐欺サイトの可能性があります。

特に、口座名義人について、外国人名が表示された時は、振込みを避けたほうがいいでしょう。

※なお、多くの偽物通販サイトに共通していることは、「代引き」が用意されていないことです。詐欺し難いためでしょう(例外として設けているところもあります)。ただ、普通のサイトでも代引きが用意されていないことはあります。あくまで、詐欺サイトに共通する要素の一つだと思ってください。

値段が安すぎないか

割引率が以上に高いものは気をつけましょう。ほとんどの商品が60%OFFなどあり得ない事です。

なお、近頃は激安店では無く、普通の割引(例えば5%OFF)を行っている、あたかも一見普通のショップを装っている場合があります。そんな時は、次の項目をチェック。

サイトの作りがおかしくないか

偽サイトは手の込んだサイトが増えてきましたが、どこかおかしな所があったりします。
偽サイトの謎の余白

偽物サイトの画像です。トップページに謎の空間、余白があります。作りが雑ですね。こんな感じでどこか心に引っかかる部分があるサイトは要注意です。他に画像素材のサイズがバラバラで整っていないなどの例があります。

日本語がおかしくないか

「特定商取引法に基づく表記」の画像で示しましたが、日本語がおかしいサイトは怪しいサイトの要素の一つとなります。それから、中国語の簡体語などの漢字フォントを使っていると危ないですね。

怪しいサイトはウィルス対策ソフトが守ってくれる場合有り

ウィルス対策ソフト
ウィルス対策ソフトをパソコンにインストールをしていると、事前に警告画面を表示して、未然に危険サイトへのアクセスを防いでくれる時があります。私はアンチウィルスソフトとして「カスペルスキー 2016 マルチプラットフォーム セキュリティ 1年1台版(最新)
」を導入していたため、偽物サイトへ直接アクセスせずに済みました。ナイスカスペルスキー。

偽物サイトにはウィルスが仕込まれている可能性があります。これを期にウィルス対策ソフトの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

ウィルス対策ソフトのランキング一覧

もし注文してトラブルがあった時の対策

あるサイトで注文したら、偽物が送られてきた又は何も送られてこない場合は次の策を講じましょう。

警察に連絡

取引時の画面、取引サイトのアドレス、相手とやり取りしたメールの内容、相手の口座番号、振込記録等、取引相手に関する資料一切を用意して、地元の警察に相談しましょう。

この記事の最後に、日本通信販売協会の電話番号を載せてあります。そちらに連絡してみるのも有効です。

金融機関に連絡

口座振込みで料金を支払った場合は、振込先金融機関に被害があったことを伝えましょう。

一般社団法人全国銀行協会では、金融犯罪の手口の紹介やトラブルに見舞われた時の金融機関連絡先がまとめられています。

一般社団法人全国銀行協会:金融機関連絡先一覧

ID・パスワードを変更

偽物通販サイトで登録した同じIDやパスワードを他のサイトで流用して使っている場合は、すぐに他のサイトのID・パスワードを変更しましょう。

クレジットカードを使っている場合は、クレジットカード発行元に事情を話すなどして対策を一緒に検討してみましょう。

ウィルス対策ソフトを導入

まだウィルス対策ソフトを導入していない場合は、すぐに購入してインストールし、セキュリティチェックをしてみてください。ウィルスに感染してる恐れがあるので、早急に対応しましょう。

私も使っている「カスペルスキー 2016 マルチプラットフォーム セキュリティ(最新)」がおすすめです。

今回気づいたのが、ウィルス対策ソフトのカスペルスキーと警視庁がタッグを組んで、危険なサイトをあらかじめ指定して、ユーザーが損害を蒙らないようにカバーしてくれていることです。今後このような機能が各社で充実すると、安心してインターネット通販が出来るようになるかもしれません。

ウィルス対策ソフトのランキング一覧で人気が高いものほど使い易いソフトといえます。導入を強くオススメします。

まとめ

悪質な通販サイトは日々進化を続けています。先ほど検索して出てきた偽物通販サイトらしきサイトは、そこそこ作りがしっかりしており問題無さそうではありました。が、やはりおかしな点が散見されました。

サイトを見て、違和感を感じたら注文を一先ず止めて悪評が立っていないか調べてみるといいかもしれないです。「そのサイトのアドレス・サイト名、偽物」といった感じで検索をかけると、被害を防げるかもしれません。

そして、日本通信販売協会(JADMA)が情報収集をしているので、電話番号:03-5651-1122(月~金曜日午前10~12時,午後13~16時)へ電話して相談することをおすすめします。日本通信販売協会の公式サイト(HPはこちら)からも連絡できます。

ちなみに、一番の身の守り方は、「ブランド名 激安」で検索しないことかもしれません。

また、マイナンバー詐欺の被害件数が増加の一途を辿っています。その傾向と予防について下記記事で取り扱っています。

マイナンバー詐欺が多数発生しています。その傾向と被害を防ぐ対策について