楽天ポイントカードとは?街中で楽天スーパーポイントが貯まる使えるすんごいカード!!

楽天市場などで通販をすると、どんどん貯まる楽天ポイントは従来、楽天グループ内で基本的に使えましたが、2014年より実店舗でも利用することが出来ます。

その方法は、楽天ポイントカードを使うことです。このカードをお店で買い物する時に提示することで、リアル店舗でも楽天ポイントが貯まり、逆にポイントで代金を支払えます。結構使える楽天ポイントカードについて解説していきます。

なお、2015年11月より、名称が「Rポイントカード」から「楽天ポイントカード」へ変更されました。機能には何ら変更はありません。

スポンサーリンク

楽天ポイントカードとは

楽天ポイントカード
楽天ポイントカードは、楽天が発行するポイントカードです。楽天ポイントカード加盟店で提示することで楽天ポイントを貯めたり、楽天ポイントを使って買い物をすることが出来ます。PONTAカードやTカードをイメージしてもらうと分かり易いかと思います。

例えば、ミスタードーナッツのレジで楽天ポイントカードを出すと、100円(税抜)につき1ポイント貯まります。
ミスタードーナッツレシート

楽天ポイントギフトカードとの違い

楽天ポイントカードに似た制度として、「楽天ポイントギフトカード」があります。こちらのカードはあらかじめ、コンビニなどで指定する楽天ポイントを購入して、あとから楽天のサービスでポイントを使うというプリペイド方式のカードです。

メリットデメリットは次の記事で解説しています。
http://14byte.net/servise/rakuten/pointgiftcard/

楽天ポイントカードの使い方

楽天ポイントカード使い方上の図のように店員さんにカードやアプリを提示することでポイントを貯める・使うことが出来ます。他のポイントカードと使い方は同じ。簡単ですヨ。

楽天ポイントカードが使える場所

楽天ポイントカードでポイントが貯まり使えるのは、楽天ポイントカード加盟店で利用したときです。加盟店の一部は以下の通り。徐々に利用範囲は拡大しています。

コンビニ

加盟店 貯まる 使える
サンクス 100円(税抜)につき1ポイント 1ポイント=1円相当
サークルK 100円(税抜)につき1ポイント 1ポイント=1円相当
ポプラ 100円(税抜)につき1ポイント 1ポイント=1円相当
生活彩家 100円(税抜)につき1ポイント 1ポイント=1円相当
くらしハウス 100円(税抜)につき1ポイント 1ポイント=1円相当
スリーエイト 100円(税抜)につき1ポイント 1ポイント=1円相当

百貨店・量販店

加盟店 貯まる 使える
ジョーシン 単品200円(税抜)につき1ポイント 1ポイント=1円相当
大丸 100円(税抜)につき1ポイント 1ポイント=1円相当
玉光堂 100円(税抜)につき1ポイント 1ポイント=1円相当
パンダレコード 100円(税抜)につき1ポイント 1ポイント=1円相当
つるやゴルフ 100円(税抜)につき1ポイント 1ポイント=1円相当
gallery of GALLERIA 100円(税抜)につき1ポイント 1ポイント=1円相当
田村書店 100円(税抜)につき1ポイント 1ポイント=1円相当
ブックランドとおの 100円(税抜)につき1ポイント 1ポイント=1円相当
テニススタジオ Viva-T 100円(税抜)につき1ポイント 1ポイント=1円相当
函館カネニ 100円(税抜)につき1ポイント 1ポイント=1円相当

飲食店

加盟店 貯まる 使える
ミスタードーナッツ 100円(税抜)につき1ポイント 1ポイント=1円相当
MOSUDO 100円(税抜)につき1ポイント 1ポイント=1円相当
アンド・ドゥ 100円(税抜)につき1ポイント 1ポイント=1円相当
PRONTO 200円(税抜)につき1ポイント 1ポイント=1円相当
しゃぶしゃぶ温野菜 200円(税抜)につき1ポイント 1ポイント=1円相当

その他サービス

加盟店 貯まる 使える
スタジオパレット 100円(税抜)につき1ポイント 1ポイント=1円相当
得タク 200円(税込)につき1ポイント
引っ越しの日通 100円(税抜)につき2ポイント
アリさんマークの引越者社 100円(税込)につき4ポイント
サカイ引越センター 100円(税抜)につき3ポイント
葬儀会館 ティア 100円(税込)につき5ポイント

楽天ポイントカードの作り方

楽天ポイントカードの概要を見てきました。では、実際に使うとなるとカードを準備しなければいけません。先ずはどんな形であれカードを用意しましょう。ポイントカードの作り方は多数あります。

なお、楽天会員ID1つに対して、楽天ポイントカードを最大3枚まで登録ができます。複数持ちOKです。

一部の加盟店で無料発行してもらう

加盟店の一部では、店頭で楽天ポイントカード付き台紙が用意されているので、台紙を見かけたら店員さんに声をかけてみましょう。無料で貰えます。
※大丸松坂屋百貨店・得タク・アリさんマークの引越社・引越しは日通・サカイ引越センター・葬儀会館ティアは除きます

K楽天ポイントカード
手に入れやすいのお店の一つはサークルKサンクスでしょう。一度覗いてみてください。詳細は下記のサークルKサンクス公式ページでご確認を。
サークルKサンクス公式ページ

ポプラでも申し込みができます。ポプラの場合だと、100円の手数料が必要ですが、代わりに100円分の買い物券がもらえるので、実質無料です。詳しくは下のポプラのホームページで。
ポプラ よくある質問

楽天Edyオフィシャルショップで購入する

楽天ポイントカードの使い方
楽天Edyの公式サイトで税込100円(キャラクター絵柄は500円とか)で販売されています。ここで扱われているカードは楽天ポイントカードの機能と、電子マネー「楽天Edy」を搭載している一体型のカードです。上図のように、楽天ポイントを貯めつつ、会計は楽天edyで支払うことができるので、ポイントの二重取りが出来ます。

楽天edyを活用した二重取りが使える店舗は加盟店の一部です。先の表または公式ページでチェックしてみてください。

このカードはデザインが多数用意されており、一番シンプルなのがこのカード。赤と青は大人気でよく品切れを起こしています。

私のイチオシはキャラクターEdyカード リラックマ(I LOVE リラックマ)です。

楽天カード(楽天ポイントカード搭載)を手に入れる

楽天カード(楽天ポイントカード機能搭載)
次の方法は、楽天カードを発行することです。2015年12月からクレジットカードである「楽天カード」に「楽天ポイントカード」の機能が搭載されました。使い方は通常の楽天ポイントカードと同じです。

結果、この楽天カードは「クレジットカード」、「Edyカード」そして「楽天ポイントカード」の3つの機能を併せ持った三位一体カードとして登場したわけです。

詳細は楽天カード公式ページをご参照ください。タイミングがよければ発行するだけで5000ポイント以上が手に入ります。
楽天カード

当サイトでも次の記事で扱っています。
参考記事:楽天カードならポイントがどんどん貯まる!ブランドはJCBにすべし

スマホアプリで手に入れる

スマホアプリでも楽天ポイントカードの機能が使えます。下記リンクからアプリをインストールできます。
アップルストアグーグルプレイ

楽天ポイントカードを登録する

カードを作ったら、次にweb登録しなければいけません。ここで楽天会員と楽天ポイントカードを紐付けします。
楽天ポイントカード登録

下のリンクから利用登録画面に移動します。
楽天ポイントカードの利用登録

ログイン画面が出た後、画面が変遷したら、次に楽天ポイントカード番号とセキュリティコードの2つを入力しましょう。
コード入力画面
どの番号を入力するかというと、カード裏面の2つの番号です。詳細は下の画像です。
カード裏面

以上で、手続きは完了です。無事利用できるようになりました。おつかれさまです。

楽天ポイントカードのメリット

期間限定ポイントの消化に便利

楽天市場などのキャンペーンで頻繁に期間限定の楽天ポイントが貯まります。うれしい反面、折角貯まったのに買うものが無いにもかかわらず、無理して物を買ったりしていませんか?はたまた、付与されているのに気付かずそのまま失効してしまい悔しい思いをしたことは無いですか?私はどちらもあります!

そこで活躍するのがこのカード。期間限定ポイントから消費してくれるので、有効にポイントが活用できます。期間限定ポイントで仕事帰りにコンビニで日用品を買ったり、ドーナツを買って帰るなんてことができちゃいます、素敵。

楽天会員のランクアップ対象

楽天会員には楽天グループの利用状況に応じて会員ランクが決められます。ダイヤモンド会員のランク維持は条件が他に比べ厳しいのですが、楽天ポイントカードの利用はその一助となります。

私の場合、ダイヤモンド会員をキープしている最中、ポイントの獲得回数が危ないときが何度もありましたが、ミスドで買い物することで維持できています。ありがたや。

会員ランク 条件
過去6ヶ月で
獲得したポイント数
過去6ヶ月で
獲得したポイント回数
楽天カード保有
ダイヤモンド 4,000ポイント以上 30回以上 必須
プラチナ 2,000ポイント以上 15回以上 不要
ゴールド 700ポイント以上 7回以上 不要
シルバー 200ポイント以上 2回以上 不要
レギュラー 200ポイント未満 2回未満 不要

貯まった楽天ポイントはEdyで有効活用できる

楽天スーパーポイントはedy交換できます
カードで貯まった楽天スーパーポイントは、何も楽天グループで使わなくても、Edyへ等価交換ができます。Edyは全国400,000ヵ所以上で使えるので便利です。例えば、セブン、ローソン、ファミマなどの大手コンビニでエディは使えるので、今や楽天スーパーポイントは万能ポイントなりつつあります。

ポイントの4重取が可能

楽天チェック
楽天ポイントカードを使えば、ポイントが4重取りできます。必要となるのは、Edy、楽天ポイントカード、Edyチャージ用のクレジットカード、アプリの楽天チェックです。流れは次の通り。

  1. クレジットカードでEdyをチャージすることでポイント獲得
  2. 楽天ポイントカード加盟店での買い物で、ポイントカード提示でポイント獲得
  3. その際の支払いはEdyを使い、ポイント獲得
  4. 最後にアプリの楽天チェックを使い、ポイント獲得

注意する点は、Edyへチャージするクレジットカードは、チャージでポイントが付くクレジットカードを選ぶことが1つ。楽天カードは200円毎に1楽天スーパーポイントが貯まります。

もう1つは、Edy利用時のポイント付与は「Edyでポイント」設定をお忘れなく。やり方はEdyのQ&Aでご確認ください。
Edyでポイントが貯まる設定をしたい

そして、アプリの楽天チェックをインストールすること。使えるお店も気にしたほうがいいですね。使えるお店は次のリンクから。
楽天チェックの使えるお店

あとがき

楽天ポイントカードは急成長中のカードで利便性は上がり続けています。2016年からは利用できる店舗が増える予定で、Tポイントやポンタポイントに勝るポイントになるかもしれません。今は使い道が無かったとしても、後々には使い勝手の良いカードと成り得ますので、今からでも保有してみてはいかがでしょうか。