Google AdSense マネタイズの教科書を読んで

スポンサーリンク


Google AdSense マネタイズの教科書[完全版] (通称”のらくら本”)を読了しました。

このページではその感想について記します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この書籍の内容

4人の専門家による共著である本書は、Google社の広告サービスである”Adsense”を使って末永く収益を生み出すウェブサイトを運営する道筋を伝えてくれます。

6つの章(chapter)より構成されておりその内容は次の通り。

  • 長期間アクセスが集まり続ける「テーマ」の選び方
  • アクセス数を安定させる「SEO戦略」
  • 読者にも検索エンジンにも好まれる「サイト構築法」
  • 稼ぎ続けるための「AdSense」の運用方法
  • 「オーソリティーサイト」になって信頼と権威を積み重ねよう
  • 10年先も安定して稼ぐために

ご覧の通り、他のAdsenseを扱った本とは若干毛色が違っており、刹那的では無く、長期展望でサイトを組み立てる方法を説いています。

スポンサーリンク

趣旨や伝えようとすること

本書は一貫して「全ては読み手のためのサイトが大切」ということを語りかけます。

例えば、のんくら氏が担当されたchapter2では「SEO戦略」として Google検索に対するSEOの対策について記されています。章のタイトルだけ取り上げてしまうと、検索エンジンの顔色を伺わなければいけないのかと少々気落ちしてしまうところですね。

しかし、結局はGoogle自体が読み手、つまり検索エンジンの利用者がより良いウェブ体験を得られるよう検索結果を変動させている現状においては、やはり人に優しいサイト作りが肝要だと説明されています。

人のためのサイト作りがSEOであるということですね。

chapter5はa-ki氏が担当されていますが、その姿勢は変わりません。信頼を得、繰り返しサイトに訪れてもらうには、ユーザーの望みを満たすサイト作りや工夫が欠かせないとしています。

スポンサーリンク

ここをもっと知りたい

chapter3はページ数が多めに割かれています。AdSenseサイトを活用する上で大事な部分ということです。

ここで「まとめページ(カテゴリーページ)」という言葉を度々目にするわけですが、ワードプレスを使う私にとっては、ワードプレスのカテゴリーと何が違うのか峻別する事が出来ずにいます。

これって、ワードプレスの場合、特定テーマで書かれた記事を1つの記事に纏めるということであってるんでしょうか?うーん。

chapter4では今時のAdSense広告について、 元Google AdSense部門チームリーダーである石田 健介氏が著しています。

この部分について明るくない自分にとっては、中々に手を焼いた部分です。他の入門本や最新情報を扱ったサイトで学べば上手に吸収出来るでしょう。多分。

インフィード広告が重要。これはとても分かりました。

スポンサーリンク

ここが良かった

どのchapterも為になるものでした。

その中でも自身に響いたのはchapter1でした。そしてちょっとショックを受けた部分でもあります。

テーマが大事。テーマで9割決まる。その理由をこれでもかとのんくら氏が熱く筆を走らせます。これは読んで体感していただく外ありません。氏のサイトでもここまでは書かれていない部分です。

スポンサーリンク

まとめ

chapter毎に著者は違えど、テーマが統一されており非常に満足感を感じる一冊でした。

おそらく多くの人にとってサイト運営の有り方について考え直す切欠に成り得るものだと思います。数々のウェブサイトの風景が変わる様を見られるのではないでしょうか。そんな気がします。

面白かったのは、本の趣旨から離れますが、筆者が違えば文章の性格がガラリと変わる様を比較しながら読み進めることが出来る点です。

のんくら氏はどちらかというと「ちょっと熱血」、石田氏は「論理的で理路整然とした」人柄かなと個人的に妄想しています。a-ki氏の物静かで暖かみのありそうな筆跡には親しみを感じました。

スポンサーリンク
書評
スポンサーリンク
14byteをフォローする
14byte

コメント