クリック募金サイトのまとめ!誰でも簡単にボランティア

ボランティア-自分の自由意志に基づいて行う無償の社会・奉仕活動です。日本でも活発に活動が行われています。広島の豪雨災害地の被災地・被災者支援は記憶に新しいものです。他にも、里子の受け入れ支援、地域の清掃、寄付など、その形は多種多様です。ただ、実際に費用を工面し、現地に赴き活動するというのは、仕事や家庭をもたれている方には高い障壁となっているのが現実です。

参加は難しいけど、何か人助けがしたい。その思いに適う方法は実は色々あります。ここで取り上げるのは、誰でも参加でき、なおかつ負担も無いクリック募金についてです。

スポンサーリンク

クリック募金の仕組み

クリック募金は、クリック募金サイトへアクセスし、そこにある各ボランティア活動へ募金が出来るバナーをクリックすることで、その活動を支援することが出来る募金の一種です。

仕組みは、参加者自身が金銭を負担する寄付とは異なり、ボタンをクリックすることで、サイトの運営を支援する広告主やスポンサーが代わりに募金をするというものです。参加者には一切費用負担は生じず、手軽に社会貢献ができるという作りです。

現在、大手企業をはじめ、多くの企業がCSR活動の一環として、サイト運営主体となったり、スポンサーとして支えるなど、クリック募金のシステムは一般的になりつつあります。企業は、募金の出資や現地での支援活動といった社会的貢献を通じて、企業・製品の知名度・イメージアップが図られるといった点でメリットがあるわけですね。

クリック募金をする人と企業、双方利益のある仕組みといういうことです。

インターネットが普及した後に生まれたシステムなので、まだまだ認知度は低い感は否めません。以下にしっかりとした実績のあるクリック募金サイトをまとめました。支援したいボランティア活動があったら、毎日どんどん参加してみてください。

クリック募金サイト一覧

sumabo(スマボ)

http://www.dff.jp/
2000年に運営が始まった老舗のサイト。2014年9月30日より『クリックで救える命がある。』から名称が『sumabo』へと変更されました。現在まで、延べ500万人が利用し、4億クリック・4億円の募金が行われ、多くの社会活動に貢献されています。次の目標である5億円分の募金を目指しています。

募金支援先は多数用意されており、このサイトを利用することで、複数のクリック募金が行えます。

スポンサー企業はコスモ石油(株)、JX日鉱日石エネルギー(株)、(株)エイブル、(株)CHINTAI、キリン(株)、高砂香料グループ、JR西日本グループなどなど有名企業が多数支援しています。

支援を受けるボランティア活動は、環境支援、国際医療支援、生物多様性支援、難病支援などがあります。現在はエボラ出血熱緊急支援も行われています。支援実績は各クリック募金サイトのスポンサー企業の経過報告から参照ください。

その他、アンケートに答えると100円分が募金できるアンケート募金もあるので、時間が許せば是非アンケート募金にも協力してみてください。

キボウのカケラ

http://www.kddi.com/corporate/kddi/csr/kibou/main.html
KDDIが主体となって運営されているサイトです。支援プログラムは、東日本大震災の被災地支援、難病児童支援、国内森林整備支援があり、各プログラムの活動実績が確認できるようになっています。実際に、どのように募金が活かされているのか、事例が沢山用意されているので、募金した実感を得られます。

flashが多用されているので、古いPCでは重いかもしれません。

Brother Earth

http://www.brotherearth.com/ja/
ブラザー工業株式会社が運営されています。地球環境の保全支援としてクリック募金が用意されており、世界各地の活動を選べます。

その支援活動の概要をWEB上で公開されています。綺麗なページですよ。

JWord クリック募金

http://www.jword.jp/campaign/charity/
JWord株式会社が運営しています。各スポンサー企業のサイトへのリンクをクリックすることで、1クリック5円分の募金が出来ます。募金先はNPO法人ピースウィンズジャパンとなっています。

セブン銀行

http://www.sevenbank.co.jp/

セブン銀行が運営します。時期によって寄付先は異なります。トップページのバナーからクリック募金画面に移動できます。

イーココロ!

www.ekokoro.jp/(2015年8月に閉鎖されました)
ユナイテッドピープル株式会社が2002年より運営しています。クリック募金の支援プログラムは東日本大震災の被災地支援、植林活動があります。スポンサー企業は毎日新聞社、(株)ヌーヴ・エイなどです。

クリック募金以外にも、ネットショッピングをすることで、購入金額の数%が募金が出来るショッピング募金が設置されています。
なお、イーココロ!寄付実績 合計 122,750,999円だそうです。

特定地域へのクリック募金

大阪市 市民活動のためのクリック募金

市民活動のためのクリック募金(http://www.clickbokin.city.osaka.jp/)
大阪市が運営。大阪市の市民活動団体が行う公益的な事業に対する助成に役立てられます。

いわて被害者支援センター

いわて被害者支援センター(http://www.iwate-vsc.jp/index.php)
公益社団法人いわて被害者支援センターが運営しています。
犯罪や交通事故被害にあわれた方、そのご家族などの精神的支援と環境づくりをする援助団体で、罪被害者等に対する電話・面接相談や直接支援などを行っているそうです。

募金のみならず、岩手県内で悩まれている方をご存知でしたら、上記サイトを教えてあげてください。

札幌市 環境教育へのクリック募金

環境教育へのクリック募金(https://www.kankyo.sl-plaza.jp/bokin/)
公益財団法人さっぽろ青少年女性活動協会が運営。

札幌の子どもたちのための環境教育資金を提供することを目的としています。

株式会社ピーエスシーの東日本大震災被災地の若者支援

http://www.psc-inc.co.jp/clickdonation/index.html

株式会社ピーエスシーが運営しています。東日本大震災被災地の若者支援のために使われます。

株式会社ルルドコーポレーションの被災地復興支援活動

http://www.lourdescorporation.net/click_bokin.html

ルルドコーポレーションが日本赤十字社を通じて、被災地復興支援活動へ寄付されます。