リオン(株)(6823)の株主優待:ジェフグルメカードと希少な補聴器割引券

リオン(株)(6823)の株主優待の株主優待をご紹介します。ファミレスなどで使えるジェフグルメカード(食事券)と直営店で使える補聴器割引券が6月下旬頃にいただけます。
リオン

スポンサーリンク

優待内容

ジェフグルメカードと割引券

権利月
3月
必要単元数
100株~
上場市場
東証一部
ジェフグルメカード(食事券)
100株以上500株未満   :500円分
500株以上1,000株未満  :1,500円分
1,000株以上5,000株未満 :3,000円分
5,000株以上10,000株未満:5,000円分
10,000株以上     :10,000円分グルメカードの使い方は、下記記事参照。
http://14byte.net/lifestyle/jfcard/

リオネット補聴器購入割引券
10%割引券が1枚いただけます。有効期間は1年間。補聴器本体につき、メーカー希望小売価格の10%割引されます。片耳分をご購入の場合は(片耳)価格。両耳同時ご購入の場合は両耳価格(ただし、両耳価格の設定されていない機種の場合は価格の2倍の価格。)。
本券は有効期限内に、「リオネット補聴器購入割引券取扱店」の店舗のみで、1回に限り利用可能。複数枚利用は不可。障害者総合支援法による公費負担の補聴器については、適用外。
隠れ優待
中間報告書と一緒に株主アンケートが送られてきます。そのアンケートを返戻すると記念品がいただけます。今のところ図書カードを頂いています。

事業内容

補聴器などの医療機器事業と音響・振動計測器の2本柱。補聴器の売り上げは翳りがあるようですが、医用検査機器が堅調。音響・振動計測器も好調。

事業見通し

医用検査機器、音響・振動計測器、微粒子計測器が好調だったことにより、売上高、営業利益、純利益ともに3期連続過去最高。今後はM&Aなどにより海外展開を視野に入れているようです。

投資指標について

株価1,871円、PER:13.37倍、PBR:1.46倍、配当利回り:1.60%(27年7月17日現在)。ジェフグルメカード500円分だと、優待利回り0.26%程度。総合利回りで約1.9%。隠れ優待の図書カード(1000円分)を足して約2.4%。以前に比べて旨みは薄まった感覚です。ただ、毎年増配傾向にあるので、長期保有にぴったりな会社さんです。

財務指標について

自己資本比率6割超えで年々上昇傾向。しっかりと投資を行いつつも、有利子負債は年々縮小傾向。過去5年でみると、毎年増配。安心して持ち続けられます。

感想

ジェフグルメカードと自社補聴器の割引券という組み合わせの優待企業です。補聴器っていいお値段しますから、10%OFF割引券はリオン社製の補聴器を愛用している方に差し上げると喜ばれます。隠れ優待は、半期の中間報告書のアンケートに返答すると貰えますが、毎年実施されるかは未定。

会社説明会の開催に積極的で、東京や大阪で開かれています。今後は各地においても行うそうで、株主と良い関係を作りたい姿勢が伝わってきます。事業報告書は簡素かつ読みやすく、ホームページは親しみを感じる作りです。なんだかほっとする、そんな会社さんです。ずっと保有し続けます。